化粧!Q
お問い合わせリンクコンテンツ

化粧

化粧は、現代の女性にとって必要不可欠なスキルのひとつです。印象をきれいにするだけでなく、スキンケアにも重要です。化粧の仕方ひとつで、あなたのイメージはグッと変わり、生き方も変わってくることでしょう。魅力的で美しい女性になるために、化粧品のことをもっと知ってみてはいかがでしょうか。

化粧品でメイクアップ

化粧とはもちろん、顔などのお肌に化粧品をつけて自分を美しくすることです。いままでは手に入りづらかった良いコスメなどが、通販やサンプルなどでも手軽に入手できるようになったこの時代、美しくありたいという気持ちは年齢を問いません。いつまでも若々しくありたい願う女性が増え、一方で、キレイな女性になりたいと高校生や中学生でもメイクをすることは当たり前のことです。ひとつの化粧品に固執せず、化粧品の性質を知ったり、「口コミ」などの情報をもとにしたりして、実際に自分の肌でいろいろと試すのが最良の方法です。自分に合う化粧品を見つけるのは、まさに巡り合いなのです。

クレンジングは大事

化粧を落としてお肌の健康を保つことをクレンジングといいます。せっかくのメイクが雨や汗などで落ちては台無しですので、化粧品は落ちにくくなるように作られています。その為、クレンジングには専用のクレンジング剤が必要となります。通常、クレンジングオイルやクレンジングジェルなどでメークを落とし、洗顔することを言います。クレンジング剤にはローションやクリームといったタイプのもや、クレンジングシートというものもあります。化粧品によるお肌の荒れを防ぐほかに、顔のマッサージや、余分な油分を落としてにきび予防をするなどの効果もあります。クレンジングの際には、ゴシゴシと強くこすらず、やさしくなでるようにするのがお肌を保つ秘訣です。

スキンケアの必要性

乾燥肌、敏感肌やと言った言葉を最近よく耳にするようになったのではないでしょうか。これは、個人個人によって違うお肌の性質のことを表しています。スキンケアは「しわ」や「しみ」、「肌荒れ」、「ニキビ」などのお肌トラブルを防ぐために基礎化粧品を使う習慣の事です。自分の肌の性質にあったスキンケア方法と対策が必要になります。肌表面の水分が少なくカサカサとしてしまう乾燥肌の人は、保湿性の高い化粧水やクリームを選びましょう。刺激に過敏でアレルギー反応が出やすい敏感肌の人は、低刺激で優しい自然化粧品や無添加化粧品(オーガニック化粧品)を選びましょう。オイリー肌の人は皮脂を抑えるものと、混合肌の人はゾーンによって使い分けられるものを選ぶとよいと思います。美容液などでのケアも大事ですが、自分にあった化粧品を選ぶのも重要なことです。

化粧品の種類

化粧品選びはまずその化粧品をよく知ることから。よく使う化粧品について紹介します。



化粧水

化粧水

お肌を潤すスキンケア
自分にあったローション選び

化粧水はスキンケアにとって大事な工程です。お肌は人によって違うものですが、乾燥肌や敏感肌、それぞれどのようなものを選べばよいのでしょうか?ご紹介します。



乳液

乳液

乾燥を防ぐスキンケア
エマルジョンを選びましょう

化粧水だけでは、スキンケアの意味をなせません。大事なのは化粧品の効果と特徴を知り、活用することです。なぜ、ローションのあとに乳液が必要なのか?解説いたします。



クリーム

クリーム

スキンケアの締めくくり
乾燥する冬の重要アイテム

乾燥肌の人や、冬だけ乾燥してしまう混合肌の人たちに是非ともオススメしたいのがクリームです。使わないという方も多いですが、クリームについて見直しましょう!



ファンデーション

ファンデーション

ベースメイクの基礎
美しいお肌を演出

最近ではいろいろなファンデーションが手に入ります。機能がありすぎてよくわからないという方に、名前の意味と、選び方をご紹介しましょう。



チーク

チーク

華やかなポイント化粧
頬紅で明るい表情に

チークを使うと表情が明るく健康的に見えますが、色の選び方や、入れ方・つけ方 がよくわからないという人へ、役立つ情報をご提供いたします。



口紅

口紅

エレガントもキューティも
印象を決めるルージュの引き方とは

口紅をつけると、不思議と全体のイメージが明るく見えるものです。自分に合う色の選び方や、引き方というのは悩みどころですよね。ポイントを伝授いたしましょう。



グロス

グロス

潤うクチビル演出
ツヤと光沢をまとったセクシーメイク

口紅に代わり注目されるリップグロスですが、なかなか踏み出せない人もいないでしょうか?選び方や使い方を覚えれば、魅力的に変身できます。ご紹介しましょう。



コンシーラー

コンシーラー

強力ポイントカバー
しみ、しわ、にきび跡を隠します

お肌の気になる部分をカバーするにはコンシーラーを使いましょう。ファンデーションの最終仕上げ、コンシーラーについてご紹介します。口紅やグロスにも使いますよ。



アイシャドウ

アイシャドウ

目元を魅力的に飾る
カラー別アイシャドウの入れ方紹介

化粧品の中でも様々な色があるのがアイシャドーですよね。カラーを使いこなして目元を印象的に彩る色系統別のテクニックをご紹介します。



マスカラ

マスカラ

理想のまつげをゲット
ボリューム、ロング、カール

短かったり、薄かったり、まつ毛の悩みを解消してくれるのがマスカラです。目元が明るくなれば、表情も明るくなります。マスカラについてご紹介します。

化粧ポーチ選びのコツ

あけたときの間口が広く、多く入るものを選びましょう。口が狭いものを買ってしまうと、取り出すときに探しづらいので失敗したと感じるでしょう。かといってあまり大きいものも、かばんの中に入れて持ち歩くのに不便です。中の仕切りの数も見て、自分のコスメにあったものを選ぶとよいです。ファッションブランドや化粧品ブランドのものは、やはり人気があるようです。コスメポーチは化粧室などの水まわりで使うことも多いということは、頭に置いておいたほうがいいと思います。

「化粧」
<a href="http://keshoq.com/" target="_blank"><img src="http://keshoq.com/img/banner.gif" alt="「化粧」" width="88" height="31" border="0"></a>

化粧!Q

<a href="http://keshoq.com/" target="_blank">化粧!Q</a>

広告掲載