化粧!Q
お問い合わせリンク化粧!Q

コンシーラー

多くの女性が抱える悩み、シミやソバカス、にきび、小じわ、できて欲しくないけど出来てしまう気になるところって、必ずありますよね。お肌のトラブルにはスキンケアが一番大事です。わかっているのですが、仕方ありません。コンシーラーを使ってカバーしましょう。目のクマを隠すのにも使えますよ。

コンシーラーの効果

コンシーラーとは肌の各所に部分的に使うファンデーションです。これもベースメイクの重要必須アイテムといっていいでしょう。通常のファンデーションよりも多くの顔料が含まれていて、皮膚をやわらかくして密着しやすくなるように作られています。カバー力が高く、できてしまった「くま」や、残ってしまったニキビ跡、そのほか目じりや口元のシワや「しみ」、「くすみ」などを隠すのに利用されます。コンシーラーを使えばマイナス印象のスポットを修正できますので、他のメイクも引き立たせることができます。また、唇の輪郭を隠して、口紅やグロスの下地などにも使用できます。

コンシーラーの種類

コンシーラーの種類にはスティックタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプがあります。スティックタイプはスライド式のもので、見た目は口紅に似ているかも知れません。そのまま肌にパッティングして使ってもよいですし、指やブラシにとって使用してもよいです。使い勝手がよくてカバー力も高いのでオススメです。クリームタイプは、ケースに入ったものやチューブに入ったものがあります。指やブラシでとって使用しましょう。リキッドタイプは液状のものです。伸びはよいですが、他のタイプに比べてカバー力は落ちます。また、すこし変わったものでは、えんぴつのようなペンシルタイプ、「筆ペン」のような構造をしたブラシタイプがあります。

コンシーラーの使い方

コンシーラーはスポット用ですので、使うまえにファンデーションまでしっかりとベースメイクをしておく必要があります。ファンデーション後に残った気に部分に使います。ポイントは塗りこむのではなく、肌の上に置くようにつけていくことです。コンシーラーをつけたら、指やコットンなどで叩くようして、後でよれないように薄く伸ばして定着させましょう。周りの肌のいろとなじむくらいにぼかせば仕上がりです。濃いシミなどの場合は、まず濃色のコンシーラーでしみを隠し、次に明るい色をなじませるように重ねて使用すると、跡で浮き出てきにくくなります。ただし、コンシーラーは強い密着性がありますので、クレンジングの際にはしっかりと落としきりましょう。

コンシーラーの選び方

コンシーラーもファンデーションと同様、ご自身の肌色に合わせたものを選ぶ必要があります。ファンデーションの色を考えて選ばないと、後で使ったときに、コンシーラーを塗った部分だけ浮き出て見えてしまうというトラブルが起こる可能性があります。また、シミやソバカスに使うのであれば、浮き出し防止の重ね塗りが出来るように濃淡2色を用意しましょう。いずれにしても、お肌の中でポイントとして使うものなので、色が豊富なお店で選んで購入するのがよいでしょう。UVカットのものや、リップ用のコンシーラーもありますので、用途に合わせて選びましょう。

「エモリエント」って何?

コンシーラーや美容液の表示に、よく「エモリエント性」や「エモリエント成分」という言葉がつかわれますが、いったいどういう意味なのでしょうか。言葉からはちょっと想像しにくいですよね。エモリエントとは「柔軟」という意味で、皮膚をやわらかくして保湿をする効果のことを言います。同時に栄養を与えたりすることなどもエモリエントと言われることがあります。「モイスチャー」と似ていますが、エモリエントにはオイルなどの油性成分が使われることが多いです。

「化粧」
<a href="http://keshoq.com/" target="_blank"><img src="http://keshoq.com/img/banner.gif" alt="「化粧」" width="88" height="31" border="0"></a>

化粧!Q

<a href="http://keshoq.com/" target="_blank">化粧!Q</a>

広告掲載